様々なニュースを掲載し、それに対してコメントをつけるブログです。まずФはじめにФをご覧ください
by world_head
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
日本自衛隊巡視船が独島遊覧船に接近[04/02]
 独島が一般人に開放されてから 8日目の1日、日本巡視船1隻が独島遊覧船の直前まで近付いてから帰る事件が起こった。

 江原道・東海海洋警察署はこの日午前9時頃、独島南西の16マイル地点の公海上で、日本海上保安庁の1000トン級巡視船PL117号が鬱陵島から独島に向かっていた遊覧船「サムボン号」の0.3マイル(約555メートル)前まで接近したと1日明らかにした。

 サムボン号のソン・ギョンチァン船長は「サムボン号の左側後方から、船首に“JAPAN”という文字が鮮明に刻まれた船が直前まで接近してきた。衝突を避けるためのわれわれの交信にも応じなかった」と話した。

 巡視船はサムボン号とこの距離を維持したまま、10分間余、同じ方向へと航海し、海警の艦艇が接近すると帰っていった。

 この日、サムボン号には166人の乗客が乗っており、海警は遭難など緊急状況に備え、5000トン級の艦艇1隻が遊覧船サムボン号の後を護衛していた。

 海警はこの日、日本巡視船が通常の哨戒活動をしていた最中、遊覧船が現われると確認のため接近したものと見ている。

 海警は「日本巡視船が現れた地点はどの国の船でも航海できる公海で、日本巡視船の接近事実はすでに把握していた」とし、「この地域に日本巡視船が現われたのは今年に入って計13回で、昨年も月4回の割合で50回余現われた」と明らかにした。


大邱=チャン・サンジン記者

Sourse-朝鮮日報
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/04/02/20050402000000.html


見るからに矛盾満載の都合のいい記事なので、この内容を丸ごと鵜呑みにするのは当たり前だが出来ない(笑)
とにかくまず言いたいのは、これは事件ではないということ。
日本の領海内で日本の船が航行しても何の問題がある?全く無い。

それに、記事のタイトルが自衛隊となっているがなぜだろう?巡視船なら海保なので、自衛隊は関係なし。むしろ俺は自衛隊に行ってもらいたいよ(笑)






ブログランキングに1票お願いします→
[PR]
by world_head | 2005-04-02 12:56 | World news(世界)
<< タクシー乗り場で胸刺す 男性が... 【ゲンダイ】サッカーファンをシ... >>