様々なニュースを掲載し、それに対してコメントをつけるブログです。まずФはじめにФをご覧ください
by world_head
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
サムライの次はNinja イラスト風、劇画…ロスでアート人気
 【ロサンゼルス=岡田敏一】日本のアニメーションなどに興味を持つロサンゼルスの若者たちの間で「忍者(Ninja)アート」がちょっとしたブームだ。かわいいイラスト風のものや劇画調、コンピューターを使ったリアルな精密画まで、さまざまなジャンルで忍者をモチーフにしたグッズが登場。高額のものは二千ドル(約二十万八千円)前後で取引されるなど、サブカルチャーとして人気が拡大している。
 ロス南東部の街、アルハンブラのギャラリー兼雑貨店で一月末から約二週間、忍者アートの展示会が行われた。若手のアーティストによる約六十作品が展示されたが、連日、大勢の観客が訪れてにぎわった。絵画だけでなく、グラフィック・デザインや、忍者とSF映画に出てくる宇宙人やロボットを組み合わせたようなユニークなフィギュア(人形)なども目を引く。
 とりわけ人気を集めているのは、純粋に忍者を描いたものよりも、忍者を題材に東洋の文化や神秘を感じさせるような作風のものだ。
 開催理由について学芸員のベン・チューさん(24)は「これまでにない何か楽しくて新しい展示会をやりたかったことと、隠れ忍者ファンが一堂に会せる場所を作りたかったから」と説明する。米国では日本のアニメーションや漢字が高い人気を誇っている。エンターテインメント業界では、「サムライブームの次はNinjaだ」という声もある。

(産経新聞) - 3月28日15時36分更新

Source-Yahoo! Japan
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050328-00000028-san-int


日本人からするとあまりしっくりこないかもしれない。
それにサムライブーム、忍者ブームと言われると俺としてはちょっと恥ずかしい感じがしてしまう。
日本人がそういうことに鈍感なだけなのかもしれないが・・

でもなんにしろ日本のブランドが世界にはばたいていくことは日本人として非常に嬉しいことだ。
[PR]
by world_head | 2005-03-29 15:50 | World news(世界)
<< 国際司法裁に提訴必要 竹島問題... リチャード・ギア、中国政府批判... >>