様々なニュースを掲載し、それに対してコメントをつけるブログです。まずФはじめにФをご覧ください
by world_head
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
「日本の今後は秋葉原にかかっている」 石原都知事が発言
 ダイビル、NTT都市開発、鹿島建設の3社が建設を進めているJR秋葉原駅前の「秋葉原クロスフィールド」に、産学連携の中核施設「秋葉原ダイビル」が31日にオープンした。

 秋葉原クロスフィールドは、さまざまな領域(フィールド)の人・情報・産業が交流(クロス)することをコンセプトとした地域開発プロジェクト。今回オープンした秋葉原ダイビルと2006年3月竣工予定の「秋葉原UDX」の2棟に、産学連携機能、情報ネットワーク機能、オフィス機能、IT機器の展示会などによる集客等機能を集積して、新たなビジネスを創造することがねらいだ。

(中略)

 31日に開催された「秋葉原クロスフィールド」オープニングセレモニーでは、東京都知事の
石原慎太郎氏らが出席した。石原氏は「秋葉原には、ないものはない。品揃えが完璧な街」と秋葉原のイメージを述べた後、秋葉原クロスフィールドに抱く期待を次のように述べた。

 「米国で特許の申請を一番数多くしている国は日本。米国の特許を米国以上に仕入れて新製品に活用してる国も日本だけ。私たちは、こういった技術のポテンシャルを大切にしないといけない。私は中国という国が大嫌いですが、彼らに一番足りないのはこういう技術的なポテンシャリティ。これは経済産業のいわば上流の部分であり、私たちは上流を確固として持ち続けるべき。そのひとつの基軸となるのがIT産業であり、そのメッカである秋葉原だと思う。その点で、この街に日本の興隆がかかっているといえる。」
(以下略)


Sourse-INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/03/31/7074.html


これからは秋葉原の時代か!!
これまでの記事を読んでいて日本の地域開発は行き詰ってきていると思っていたが、秋葉原は逆に加速しているようだ。秋葉原に関してはまだまだ行き詰る気配が無い。

それにしてもさりげなく「私は中国という国が大嫌いですが」と入れているあたりが石原都知事らしい(笑)





ブログランキングに1票お願いします→
[PR]
by world_head | 2005-03-31 23:31 | Domestic news(国内)
<< 子供3人が行方不明 大分県挟間町 「中国と韓国に謝罪しろ」 韓... >>